中高年の転職・就職は年々厳しさを増しています。過去のキャリアだけでは通用しない時代。中高年が転職し、新たな仕事に就くためには強い決意と行動力が必要とされます。
履歴書にしろ、職務経歴書にしろ、新卒さながらに真剣に取り組んで、勝てる書類を作成する必要があります。
自分の能力を過信することなく、逆に自分の能力を信じ、自己アピールのポイントを明確にして、転職・就職活動することが重要です。
自分では気が付いていない自分の良さや潜在能力もあります。厳しさに負けないで、実りある生活実現のために共にがんばりましょう!

中高年は豊富なキャリアと熟練した技能を持っていることが多いと思います。しかし、いざ転職しようとすると、なかなか希望に見合った転職情報がない、あるいは求人があって応募しても、うまくいかないことが多いのではないでしょうか。

自分はこんなにもキャリアがあり、実力も他の人には負けないとの自負心があっても、採用担当者にその思いが届かないことはよくあることです。

転職サイトを利用したり、ハローワークを活用して転職活動を行っている中高年も多いと思いますが、厳しい中高年の転職事情の中で、希望以上の採用条件でスカウトを受けたり、うまく転職を成功させ、給与もアップしている中高年が存在するのも事実。 成功する中高年と失敗する中高年では、何が違うのか。そこをきっちり認識することが大事ですね。

このサイトでは、中高年が夢と希望を持って転職・就職活動を成功させることができるよう応援します。

2009年10月20日

中高年の就職に厳しい時代 加藤和彦さんの自殺に思うこと。

中高年の就職・転職が相変わらず厳しく、今の会社を辞めて新たな仕事にチャレンジしたいと思っていても、なかなか実現できない現実があります。
ストレスをため込む中高年は、限界を感じている人も少なくないのではないでしょうか。
中高年の自殺が増加する中、加藤和彦さんの自殺報道は本当にショックでした。
ザ・フォーク・クルセダーズとしてデビューした時の強烈な印象は今でも鮮やかに思い出すことができます。

加藤和彦さんの曲は魂を揺さぶるものが多かったですね。
「あの素晴しい愛をもう一度」や「イムジン河」などは聞くたびに胸にジ〜ンときます。
順調に仕事をこなしてきた加藤さんが、音楽的な行き詰まりへの悩みでうつ病にかかっていたとは知りませんでした。

仕事への悩みは尽きず、転職への焦りからうつ病に近い精神状態になっている中高年は多いと思います。
しかし、死を選択するよりも、もうひと踏ん張りして何とか乗り切って欲しい。
中高年に笑顔が戻る、そんな世の中に早くなって欲しいと願っています。

加藤和彦さんの死は非常に残念ですが、彼の曲は永久に愛され続けるのではないでしょうか。
加藤さんのご冥福をお祈りします。
posted by kazu at 23:58 | Comment(0) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

div class=nofollow class=/div% else %% if:blog.ignore_setting.fill_writer %% /if -%