中高年の転職・就職は年々厳しさを増しています。過去のキャリアだけでは通用しない時代。中高年が転職し、新たな仕事に就くためには強い決意と行動力が必要とされます。
履歴書にしろ、職務経歴書にしろ、新卒さながらに真剣に取り組んで、勝てる書類を作成する必要があります。
自分の能力を過信することなく、逆に自分の能力を信じ、自己アピールのポイントを明確にして、転職・就職活動することが重要です。
自分では気が付いていない自分の良さや潜在能力もあります。厳しさに負けないで、実りある生活実現のために共にがんばりましょう!

中高年は豊富なキャリアと熟練した技能を持っていることが多いと思います。しかし、いざ転職しようとすると、なかなか希望に見合った転職情報がない、あるいは求人があって応募しても、うまくいかないことが多いのではないでしょうか。

自分はこんなにもキャリアがあり、実力も他の人には負けないとの自負心があっても、採用担当者にその思いが届かないことはよくあることです。

転職サイトを利用したり、ハローワークを活用して転職活動を行っている中高年も多いと思いますが、厳しい中高年の転職事情の中で、希望以上の採用条件でスカウトを受けたり、うまく転職を成功させ、給与もアップしている中高年が存在するのも事実。 成功する中高年と失敗する中高年では、何が違うのか。そこをきっちり認識することが大事ですね。

このサイトでは、中高年が夢と希望を持って転職・就職活動を成功させることができるよう応援します。

2011年06月25日

転職に成功する中高年、失敗する中高年

中高年は転職できないと悲観的な意見を持っている人がいると思えば、60歳を前にして転職できたと大喜びの人がいる、この差は何なんだろうと思ってしまう事がよくあります。
実は知り合いで、59歳の人がダメ元で応募した企業に一発で採用されたんです。
その喜びようと言ったら、いつまでも飛び跳ねている、そんな感じでした。

その反面、私の周りで転職に苦戦し、何度応募しても不採用通知が届き、あきらめモードになってしまっている人もいます。
実際には中高年の転職環境はまったく改善されていませんから、苦戦する方が普通なのかもしれません。
でも、何か差があるような気がするんですね。

ひとつ感じたのが採用された方は非常にネアカな人で、いつもにこにこしていて周りも明るくしてくれます。
採用した企業はこの点を大きく評価したのではないでしょうか。

中高年はまだまだ元気。
こんな言葉が出てくるのは、仕事があり、収入の不安もない時です。
どうしてもうまくいかず、蓄えについても不安がつのってくると、ついつい顔に出てきますね。
それが知らず知らずのうちに、身体の外へしみだしているのかもしれません。

苦しい時ほど笑顔で。
よく言われていることですが、実行するとなると難しい。
でも、心がけていけば、けっこう笑顔が出てきそうな気がします。

求人情報を集める時にもそうですね。

落ち込んだ気持ちのまま求人情報に目を向けても、チャンスを見逃してしまう事がよくあります。
最初からあきらめてチャレンジしないんですね。
ダメでもいいや、なんて軽い気持ちで見ていると、「この求人は見込みがあるかも」なんて、どんどん応募企業が見つかるかもしれません。
中高年がみんな笑顔になれる時代がくるといいですね。
posted by kazu at 20:23 | Comment(1) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます!!
Posted by 履歴書の通勤時間 at 2011年08月31日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

div class=nofollow class=/div% else %% if:blog.ignore_setting.fill_writer %% /if -%

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。