中高年の転職・就職は年々厳しさを増しています。過去のキャリアだけでは通用しない時代。中高年が転職し、新たな仕事に就くためには強い決意と行動力が必要とされます。
履歴書にしろ、職務経歴書にしろ、新卒さながらに真剣に取り組んで、勝てる書類を作成する必要があります。
自分の能力を過信することなく、逆に自分の能力を信じ、自己アピールのポイントを明確にして、転職・就職活動することが重要です。
自分では気が付いていない自分の良さや潜在能力もあります。厳しさに負けないで、実りある生活実現のために共にがんばりましょう!

中高年は豊富なキャリアと熟練した技能を持っていることが多いと思います。しかし、いざ転職しようとすると、なかなか希望に見合った転職情報がない、あるいは求人があって応募しても、うまくいかないことが多いのではないでしょうか。

自分はこんなにもキャリアがあり、実力も他の人には負けないとの自負心があっても、採用担当者にその思いが届かないことはよくあることです。

転職サイトを利用したり、ハローワークを活用して転職活動を行っている中高年も多いと思いますが、厳しい中高年の転職事情の中で、希望以上の採用条件でスカウトを受けたり、うまく転職を成功させ、給与もアップしている中高年が存在するのも事実。 成功する中高年と失敗する中高年では、何が違うのか。そこをきっちり認識することが大事ですね。

このサイトでは、中高年が夢と希望を持って転職・就職活動を成功させることができるよう応援します。

2011年12月05日

中高年転職では希望の職種を選べないのか

中高年の転職希望者は、厳しい就職環境を受け、求人情報の収集に時間をかけていると思いますが、なかなか希望通りの求人情報を得ることはできないですね。

ハローワークの求人情報検索サービスを利用している中高年も多いと思いますが、受付で申し込むとハローワークに設置しているパソコンを使用し、求人情報を検索できます。
このとき、画面で希望条件を入力できるわけですが、年齢を入力し、希望条件を細かく設定していくと、求人情報が激減します。

ここであきらめていては、可能性のある求人情報に出会う可能性が非常に少なくなります。
職種や業種にこだわりすぎると、中高年の場合、転職は難しいのかもしれないですね。

年齢も入力できますから、厳密にいえば、その年齢では採用しないとする企業も多いのが現実です。
しかし、企業の中には目安として年齢を書いている場合もありますから、実際の自分の年齢よりも5歳下、あるいは10歳下ぐらいまでは幅を広げて検索してみると良いですね。

職種もそうです。
今まで事務系1本できたから、自分には営業なんてできない、あるいは営業職なんて不向きだと最初から考えるのではなく、まずは検索して求人情報を見てみることです。
中には、経験がなくてもできそうな営業の仕事があるかもしれませんし、経験がないからこそ一度営業を経験してみて、自分の仕事の幅を広げることも重要かと思いますね。
今は、こだわりすぎては転職しづらい時代。
自分の可能性をもう少し広げて、チャレンジ精神を忘れないことが中高年の転職には必要なのかもしれませんね。
posted by kazu at 10:19 | Comment(1) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
営業職はありとあらゆる業界を経験してきました。結果は必ず出してきました。
旅行業界 金融業界 そして塾のフランチャイズ経営の営業 ITソリューション営業などです。
ヒアリング 最良な提案を顧客の立場に立って、真面目に真剣に行って来ました。
自己の経験を生かし退職までの残りの人生すべてをかけて取り組む所存でおりますので是非とも御社の戦力として採用して戴けるようお願い申し上げます。
Posted by 津金健一 at 2011年12月20日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

div class=nofollow class=/div% else %% if:blog.ignore_setting.fill_writer %% /if -%

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。