中高年の転職・就職は年々厳しさを増しています。過去のキャリアだけでは通用しない時代。中高年が転職し、新たな仕事に就くためには強い決意と行動力が必要とされます。
履歴書にしろ、職務経歴書にしろ、新卒さながらに真剣に取り組んで、勝てる書類を作成する必要があります。
自分の能力を過信することなく、逆に自分の能力を信じ、自己アピールのポイントを明確にして、転職・就職活動することが重要です。
自分では気が付いていない自分の良さや潜在能力もあります。厳しさに負けないで、実りある生活実現のために共にがんばりましょう!

中高年は豊富なキャリアと熟練した技能を持っていることが多いと思います。しかし、いざ転職しようとすると、なかなか希望に見合った転職情報がない、あるいは求人があって応募しても、うまくいかないことが多いのではないでしょうか。

自分はこんなにもキャリアがあり、実力も他の人には負けないとの自負心があっても、採用担当者にその思いが届かないことはよくあることです。

転職サイトを利用したり、ハローワークを活用して転職活動を行っている中高年も多いと思いますが、厳しい中高年の転職事情の中で、希望以上の採用条件でスカウトを受けたり、うまく転職を成功させ、給与もアップしている中高年が存在するのも事実。 成功する中高年と失敗する中高年では、何が違うのか。そこをきっちり認識することが大事ですね。

このサイトでは、中高年が夢と希望を持って転職・就職活動を成功させることができるよう応援します。

2012年04月23日

定年退職後の仕事と健康

定年が間近に迫ってくると、退職後の生活設計を考える人が多いと思います。
今まで時間がなくて思う存分できなかった趣味の世界にどっぷりつかる、あるいは旅行三昧など、第2の人生スタートに夢いっぱいなんて人もたくさんいるでしょうね。

でも、何をするにしても健康が重要になってきます。
不健康では何もできないですからね。
若いときから健康に気をつけて、体力づくりに励んできた人は、定年近くなってもペースが出来上がっていますから、健康面はそれほど心配ないかもしれません。

問題は、今まで健康面にまったく意識を向けず、不摂生な生活を続けてきた人。
仕事もなくなり、ぽっかりと空いてしまった時間をダラダラと過ごす、こんなことをしていればすぐに病気になってしまいます。
体力も落ちてしまいますね。

気力充実を維持し、健康を保つ上で、やはり仕事は重要である気がします。
働ける間は働き続ける、これが若さを保ち健康であり続ける秘訣かもしれません。

自分には何の才能もなく、退職後は仕事らしい仕事なんてない、そんなぼやきも聞こえてきそうですが探せば年齢に見合った仕事があります。給与面にこだわらなければ、ボランティアに近い仕事もあります。
必要とされているところで、健康なうちは働く、それが幸せなのかもしれませんね。

定年後も何らかの仕事をしている人は、若々しく感じます。
生きがいと健康は密接な関係にあるのかもしれないですね。
posted by kazu at 09:52 | Comment(1) | 仕事と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「健康」・・
ほんとに大事ですよね。
Posted by 職場 at 2012年04月25日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

div class=nofollow class=/div% else %% if:blog.ignore_setting.fill_writer %% /if -%