中高年の転職・就職は年々厳しさを増しています。過去のキャリアだけでは通用しない時代。中高年が転職し、新たな仕事に就くためには強い決意と行動力が必要とされます。
履歴書にしろ、職務経歴書にしろ、新卒さながらに真剣に取り組んで、勝てる書類を作成する必要があります。
自分の能力を過信することなく、逆に自分の能力を信じ、自己アピールのポイントを明確にして、転職・就職活動することが重要です。
自分では気が付いていない自分の良さや潜在能力もあります。厳しさに負けないで、実りある生活実現のために共にがんばりましょう!

中高年は豊富なキャリアと熟練した技能を持っていることが多いと思います。しかし、いざ転職しようとすると、なかなか希望に見合った転職情報がない、あるいは求人があって応募しても、うまくいかないことが多いのではないでしょうか。

自分はこんなにもキャリアがあり、実力も他の人には負けないとの自負心があっても、採用担当者にその思いが届かないことはよくあることです。

転職サイトを利用したり、ハローワークを活用して転職活動を行っている中高年も多いと思いますが、厳しい中高年の転職事情の中で、希望以上の採用条件でスカウトを受けたり、うまく転職を成功させ、給与もアップしている中高年が存在するのも事実。 成功する中高年と失敗する中高年では、何が違うのか。そこをきっちり認識することが大事ですね。

このサイトでは、中高年が夢と希望を持って転職・就職活動を成功させることができるよう応援します。

2012年11月15日

中高年よ今こそ立ち上がれ 気になる選挙と転職活動

昨日大きなニュースが飛び込んできましたね。
野田佳彦首相の衆院解散発言に森光子さんの訃報。
どちらも中高年には大きなニュースであったと思います。

この先、選挙後に景気が好転するのか、更に悪化するのか、中高年で転職を考えている人には気になるとっころですし、森光子さんといえば、中高年が青年時代に大スターとして活躍されていた方なので、訃報を聞いてびっくりし、一つの時代の終わりを感じた中高年も多かったと思います。

しかし、最近の不況、政治の空白、年金などの将来の問題、あるいは今後予定されている消費税アップ。
暗い話ばかりで、この国の将来が危ぶまれれて仕方がありませんでしたが、今度の選挙で少しでも明るい未来が期待できればと思います。
中高年に限らず、若い人たちの抱える将来への不安は計り知れないものですからね。

自分はもうすぐ年金をもらう身の上だからどうでもいい。
まあ、こんな風に考えている人は少ないことを期待していますが、今の日本を築き挙げてきた中高年がまだまだ頑張って、この国を牽引していかなくてはいけないと感じています。


この国の基礎を作り上げてきた中高年はまだまだ現役でがんばり続けることができると思います。
それがこの国の将来への責任でもあるような気がします。

党利党略をベースに、実現できそうもない選挙公約を掲げる人には投票しない、そんな思いでいますが、誰を見てもドングリの背比べ。
今度こそ、しっかり見極めなければいけないですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

div class=nofollow class=/div% else %% if:blog.ignore_setting.fill_writer %% /if -%

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。