中高年の転職・就職は年々厳しさを増しています。過去のキャリアだけでは通用しない時代。中高年が転職し、新たな仕事に就くためには強い決意と行動力が必要とされます。
履歴書にしろ、職務経歴書にしろ、新卒さながらに真剣に取り組んで、勝てる書類を作成する必要があります。
自分の能力を過信することなく、逆に自分の能力を信じ、自己アピールのポイントを明確にして、転職・就職活動することが重要です。
自分では気が付いていない自分の良さや潜在能力もあります。厳しさに負けないで、実りある生活実現のために共にがんばりましょう!

中高年は豊富なキャリアと熟練した技能を持っていることが多いと思います。しかし、いざ転職しようとすると、なかなか希望に見合った転職情報がない、あるいは求人があって応募しても、うまくいかないことが多いのではないでしょうか。

自分はこんなにもキャリアがあり、実力も他の人には負けないとの自負心があっても、採用担当者にその思いが届かないことはよくあることです。

転職サイトを利用したり、ハローワークを活用して転職活動を行っている中高年も多いと思いますが、厳しい中高年の転職事情の中で、希望以上の採用条件でスカウトを受けたり、うまく転職を成功させ、給与もアップしている中高年が存在するのも事実。 成功する中高年と失敗する中高年では、何が違うのか。そこをきっちり認識することが大事ですね。

このサイトでは、中高年が夢と希望を持って転職・就職活動を成功させることができるよう応援します。

2013年03月10日

健康不安と中高年の仕事事情

前に健康面での記事を書きましたが、最近体調を崩すことが増えてきました。
高齢の方でも、病気ひとつしたことがないという人もいます。
実際、私の周囲で風邪も引かないという高齢の方を知っています。
自分では健康にあまり不安がなかったのですが、少し体調を崩すと、不安が急激に膨らんできました。

普段健康なときはエネルギーが満ちているというか、気力が充実しているんですね。
仕事もテキパキこなすことができますし、次の目標に向かって元気いっぱい進んでいくことができます。
しかし、体調を崩して寝込むと、仕事が山積みになっていても、それに取り組む気力がわいてこない。

このまま寝込んでしまったらどうしようという不安。
考えても仕方のないことが、堂々巡りで頭の中を駆け巡ります。

やはり、元気であってこその仕事なんですね。
普段忙しくて健康に注意を払うことができていない中高年が多いと思います。
しかし、いつ身体が不調を訴えてくるかもしれません。
健康と仕事のバランスをとっていく、これが中高年には必要とされているのかもしれないですね。
健康は肉体的なものばかりでなく、もちろん精神の健康も重要です。
過度のストレスの繰り返しで仕事をしている仲間もたくさんいますが、こちらの方は自分だけで解決できるものではない場合が多いので、難しい問題ですね。


posted by kazu at 23:28 | Comment(0) | 仕事と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

div class=nofollow class=/div% else %% if:blog.ignore_setting.fill_writer %% /if -%
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。