中高年の転職・就職は年々厳しさを増しています。過去のキャリアだけでは通用しない時代。中高年が転職し、新たな仕事に就くためには強い決意と行動力が必要とされます。
履歴書にしろ、職務経歴書にしろ、新卒さながらに真剣に取り組んで、勝てる書類を作成する必要があります。
自分の能力を過信することなく、逆に自分の能力を信じ、自己アピールのポイントを明確にして、転職・就職活動することが重要です。
自分では気が付いていない自分の良さや潜在能力もあります。厳しさに負けないで、実りある生活実現のために共にがんばりましょう!

中高年は豊富なキャリアと熟練した技能を持っていることが多いと思います。しかし、いざ転職しようとすると、なかなか希望に見合った転職情報がない、あるいは求人があって応募しても、うまくいかないことが多いのではないでしょうか。

自分はこんなにもキャリアがあり、実力も他の人には負けないとの自負心があっても、採用担当者にその思いが届かないことはよくあることです。

転職サイトを利用したり、ハローワークを活用して転職活動を行っている中高年も多いと思いますが、厳しい中高年の転職事情の中で、希望以上の採用条件でスカウトを受けたり、うまく転職を成功させ、給与もアップしている中高年が存在するのも事実。 成功する中高年と失敗する中高年では、何が違うのか。そこをきっちり認識することが大事ですね。

このサイトでは、中高年が夢と希望を持って転職・就職活動を成功させることができるよう応援します。

2013年09月14日

東京オリンピックに向け中高年は、まだまだ頑張れる!

オリンピック東京開催!
どうなるか気をもんでいた人も多かったと思いますが、日本中から喜びの声が聞こえてきますね。

前回の東京オリンピック開催は1964年(昭和39年)ですから、当時経験した人の多くは仕事から退いているのではないかと思います。
現在50代の方で、当時、幼児〜小学校低学年ぐらいでしょうか。
あまり覚えていないでしょうね。

ALWAYS 三丁目の夕日'64では、当時のオリンピック開催に沸き立つ日本の風景が描かれていましたが、その後の経済成長につながる起点となった年。
すべてが生き生きして描かれています。
もちろん良いことばかりではありませんでしたが、夢や希望も膨らんだ時期ですね。

2020年のオリンピックに向かって、前回同様経済が上向き、強い日本が戻ってくればと思います。
中高年も頑張らばなければ。
まだまだ若い人だけには任せておけませんね。
オリンピック成功への第一歩がスタートします。
みんなが一つになれるいい機会ですね。
もちろん、東北の復興も忘れてはいけないと思います。

仕事面でも中高年が活躍できる機会が増えそうな気がします。
まだまだ中高年も捨てたもんではありませんからね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

div class=nofollow class=/div% else %% if:blog.ignore_setting.fill_writer %% /if -%