中高年の転職・就職は年々厳しさを増しています。過去のキャリアだけでは通用しない時代。中高年が転職し、新たな仕事に就くためには強い決意と行動力が必要とされます。
履歴書にしろ、職務経歴書にしろ、新卒さながらに真剣に取り組んで、勝てる書類を作成する必要があります。
自分の能力を過信することなく、逆に自分の能力を信じ、自己アピールのポイントを明確にして、転職・就職活動することが重要です。
自分では気が付いていない自分の良さや潜在能力もあります。厳しさに負けないで、実りある生活実現のために共にがんばりましょう!

中高年は豊富なキャリアと熟練した技能を持っていることが多いと思います。しかし、いざ転職しようとすると、なかなか希望に見合った転職情報がない、あるいは求人があって応募しても、うまくいかないことが多いのではないでしょうか。

自分はこんなにもキャリアがあり、実力も他の人には負けないとの自負心があっても、採用担当者にその思いが届かないことはよくあることです。

転職サイトを利用したり、ハローワークを活用して転職活動を行っている中高年も多いと思いますが、厳しい中高年の転職事情の中で、希望以上の採用条件でスカウトを受けたり、うまく転職を成功させ、給与もアップしている中高年が存在するのも事実。 成功する中高年と失敗する中高年では、何が違うのか。そこをきっちり認識することが大事ですね。

このサイトでは、中高年が夢と希望を持って転職・就職活動を成功させることができるよう応援します。

2014年06月22日

中高年、シニアになっても働き続けるために

現在の仕事が順調であれば、あまり考えることはないと思いますが、現状に不満や不安があると、この先どう働き続けるか、ふと頭をよぎることがあると思います。

もちろん健康面での不安などで、このようなことを考えることもあるとは思うのですが、今は健康面を切り離して考えてみたいと思います。

私は現在、長年携わってきた業務とはまったく異なる仕事を副業として行っています。
もともとは人事・総務関係で、企業の管理業務、人材採用・育成などの仕事をメインとして行っていました。
ところが、現在は副業としてWEB関係の仕事をしていて、こちらの方がメインとなりかけています。

もともと趣味でフォトショップやイラストレーターをかじり、HTMLなども趣味の範囲を超えない程度で、いじくっていたのですが、このレベルの知識、技術でも重宝がっていただける企業が多いと実感しています。

すべて一人でやるわけですから、大手のWEBサイト作成業者に比べ、極端な場合は、5分の1ぐらいの費用で引き受けてサクサクと作ってしまいます。

だから、引き受けた会社が次から次へと別の会社を紹介し、営業もかけないのに依頼をどんどんいただいている状態です。

こんなことをやっていてふと思ったのが、ほんの少しの知識や技能でもそれを必要としている企業が多いということ。
コストをかけずに、営業ツールを作成したり、業務を改善したいと考えている企業の担当者が多数いるということです。

転職を考えるのも、当然ひとつの選択肢ですが、今持っている技能をさらに伸ばして、それを武器にし、将来に備える、こんな考え方もありなのではないかと、最近つくづく考えるようになりました。

私には息子がおり、現在は大手の企業で勤めることができていますが、私は今から自分の売りになる技能を磨くように勧めています。

プラスになることはあっても、マイナスにはならないと思いますから、将来に備えるということはすごく大事だと思うのですが、いかがでしょうか。
posted by kazu at 12:15 | Comment(0) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

div class=nofollow class=/div% else %% if:blog.ignore_setting.fill_writer %% /if -%