中高年の転職・就職は年々厳しさを増しています。過去のキャリアだけでは通用しない時代。中高年が転職し、新たな仕事に就くためには強い決意と行動力が必要とされます。
履歴書にしろ、職務経歴書にしろ、新卒さながらに真剣に取り組んで、勝てる書類を作成する必要があります。
自分の能力を過信することなく、逆に自分の能力を信じ、自己アピールのポイントを明確にして、転職・就職活動することが重要です。
自分では気が付いていない自分の良さや潜在能力もあります。厳しさに負けないで、実りある生活実現のために共にがんばりましょう!

中高年は豊富なキャリアと熟練した技能を持っていることが多いと思います。しかし、いざ転職しようとすると、なかなか希望に見合った転職情報がない、あるいは求人があって応募しても、うまくいかないことが多いのではないでしょうか。

自分はこんなにもキャリアがあり、実力も他の人には負けないとの自負心があっても、採用担当者にその思いが届かないことはよくあることです。

転職サイトを利用したり、ハローワークを活用して転職活動を行っている中高年も多いと思いますが、厳しい中高年の転職事情の中で、希望以上の採用条件でスカウトを受けたり、うまく転職を成功させ、給与もアップしている中高年が存在するのも事実。 成功する中高年と失敗する中高年では、何が違うのか。そこをきっちり認識することが大事ですね。

このサイトでは、中高年が夢と希望を持って転職・就職活動を成功させることができるよう応援します。

2015年08月08日

転職に最適な年齢とは

中高年にとって気になること。
それは、転職と年齢の関係ではないでしょうか。
今まで転職は考えたけど、自分の年齢はあまり気にしなかったという人は少ないような気がします。

最近でこそ、景気が上向き、転職しやすくなったというニュースも耳にしますが、実際中高年の場合はどうなのか、気になるところです。

転職に最適な年齢というのは、実際あるのかどうかわかりませんが、やはり年齢がネックになって転職できない、そんな人も多いと思います。

しかし一方で、思い立った時が吉日、転職に年齢は関係ないと言う人もいるでしょうね。
私は50歳を超えてからの転職でした。
求人広告を見たり、転職支援サイトで相談すると気が付くと思いますが、40歳を超えると極端に求人件数が少なくなります。希望に見合った会社に就職できる可能性がぐっと低くなります。
また、条件的に厳しいところも多くなりますね。

能力だけではなくて、気力も体力も充実しているのは40歳までと言うことでしょうか。
能力的には年代の若い人に劣ることがないと思っていても、採用側はそうは考えてくれないわけですから、自分の年齢と転職を天秤にかけてみることは必要でしょう。
続きを読む
posted by kazu at 15:36 | Comment(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

人脈を活用した中高年の再就職

企業の採用活動が以前より活発で、失業率も改善。
このようなニュースを耳にするたびに、状況をしっかり見極めないと転職に失敗すると感じてしまいます。

どのような業種の求人が活発なのか、また求人対象となる年齢層はどうなのか、中高年の転職状況も改善しているのかなど、いろいろチェックしたうえで判断しないと、中高年が転職に成功するのは難しいと思います。

実際、中高年の転職は厳しい状況のままだと感じています。

中高年が転職を考える場合、どうしても条件面を考えてしまいますね。
給与が現状より大幅にダウンしたくない。
その他の勤務条件も現状より悪化させたくない。
さらには転勤なしを希望など、けっこう細かく条件をつけたがるものです。

どんな企業でも良い。
給与も全くこだわらない。
勤務時間や地域も全く問題ない。
こんな希望で転職先を探すのであれば、いくつでも見つかると思いますが、これでは転職した後、すぐに転職したい気持ちになってしまいそうです。

こんな時に気がるに条件面を相談できるのが人脈ですね。

続きを読む
posted by kazu at 19:00 | Comment(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

企業の中高年採用意欲向上を正しく理解する 企業の中高年採用意欲向上を正しく理解する 企業の中高年採用意欲向上を正しく理解する 企業の中高年採用意欲向上を正しく理解する 企業の中高年採用意欲向上を正しく理解する 企業の中高年採用意欲向上を正しく理解する

最近の中高年の転職事情は一昔前と異なっているとのニュースを時々耳にします。
「40代の転職に追い風」とか、「ミドル層の転職が活発化」など、中高年の転職意欲をそそるような言葉が飛び交うことがあります。

しかし、企業の採用担当者が目をつけているのは、専門スキルを持つ40代あるいは50代の実力発揮を期待できるベテラン社員。

大手の企業だからと安心できない時代ですから、競争の激化に即対応できないと、企業の存続すら危うくなってくる時代です。
昔みたいにのんびりと若手を育てて、人材を強化する余裕がなくなってきているんですね。

しかし、この傾向は、あくまでそれぞれの分野における専門スキルを持つミドル層に限ったこと。
さらに、企業の採用担当者は、そのスキルにプラスして高いコミュニケーション能力も求めています。

年齢さえ重ねていれば良いというわけではないんです。
ここを勘違いして転職を目指すと痛い目に合います。

自分の現状を正しく把握し、転職活動を行わないと、どの企業からもそっぽを向かれてしまう可能性もあるわけです。
続きを読む
posted by kazu at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

中高年の再就職はなぜ難しいのか

年齢が35歳を超えると、転職の難易度が大幅にアップする。
よく言われることですね。
ましてや、40代、50代の転職、あるいは定年退職した後の再就職は非常に難しいと感じている人が多いと思います。

どんな仕事でも、あるいは給与面で妥協さえすれば仕事に就くこと自体は難しくないのかもわかりませんが、中高年はそれぞれの事情を抱えていることが多く、収入が極端に下がる転職には踏み切れないですね。
たとえ就職したとしても、ストレスがたまってきて、長続きする気がしません。

よく再就職難民という言葉を耳にしますが、就職活動が長期化し、生活を維持することさえ困難な状態になれば、就職活動自体を続けることも難しくなってしまいます。
そうなる前にしっかり考え、手を打つ必要があります。

求人情報を見て、年齢制限に関する記述がなかったので履歴書を送ってみても書類選考を突破できない。
採用担当者が年齢を見て判断していると考えてしまいますよね。

自分のやりたいことができて、収入を得る。
これが理想的であることはわかっていますが、理想に行きつくまでにいくつかのステップが必要である気がします。
今までの年収が妥当であったのかどうか、年収査定を行ってくれるところはたくさんあるので、謙虚な気持ちで受けてみて、気持ちを切り替えるのも必要かもしれません。
少しは収入がダウンしても、まずは再就職し、次のチャンスを待つことで道が開けることもあります。
続きを読む
posted by kazu at 11:24 | Comment(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

中高年就職の壁 年齢制限の現状

新聞の求人欄で最近よく目にする言葉があります。
「年齢○○歳まで。長期勤続によるキャリア形成のため若年者等を採用」の言葉です。
おそらく目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

募集・採用における年齢制限の禁止が義務化されてから5年近くなりますが、「長期勤続によるキャリア形成のため〜」を記載しておけば、年齢制限を記載できるんですね。
もともと40歳以上の中高年採用を考えていない企業は、この言葉さえ載せておけば非難されることなく年齢制限をどうどうと求人広告に載せることができる、こんな風に思ってしまうのは私だけでしょうか。

年齢にとらわれない人物本位、能力本位の募集・採用を推進する目的で始まった年齢制限禁止の義務化ですから、何でもかんでも「長期勤続によるキャリア形成のため〜」を載せておけば義務は免れるような逃げ道を作ること自体が問題なのではないでしょうか。

こんな意見をかけば反論がいっぱい来るのは分かっていますが、実際に求人情報を見て、その会社がキャリア形成のことを真剣に考えているのか疑問に感じることがあります。
企業の成長を考えれば、知識や経験が豊富で技術力にも長けている中高年の採用を推進し、その力を活用すれば、若年層の育成にも大いに役立つと思うのですがいかがでしょうか。
続きを読む
posted by kazu at 09:29 | Comment(1) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

新卒の入社式に思うこと。中高年の新人時代

4月1日は就職活動を勝ち抜いてきた新卒にとって、新たなスタートの日。
各社で入社式が行われていましたが、今年の新入社員はどのような気持ちでこの入社式を迎えたのでしょうか。

新聞では相変わらず採用削減が報道されています。
ソニーをはじめとして、電機各社の大幅な採用抑制、自動車業界はもちろんのこと、大抵のメーカーが採用減を発表しています。
業績が今後更に落ち込むことも予想される中、新入社員にそのしわ寄せが及ばなければよいと思うのですが、どうなるか、不安がありますね。

中高年である私にとって、新入社員の時代は懐かしく思い出されます。
全てに期待と夢があり、何をするにしても、意欲満々であったような気がします。
世の中も活気がありましたね。
各社が元気で、経済成長も順調で、終身雇用を疑うことがなかった時代ですから。

それに比べて、今は不確定要素が多すぎて、将来のビジョンを描くことができない人がいるのも仕方がないことかもしれません。
今年の新入社員がいつまでも夢と希望を失うことなく、頑張って欲しいと願うばかりです。

中高年にとって、転職は益々厳しくなってきそうな気配がありますが、新卒に負けずに頑張って希望の仕事に就きたいですね。続きを読む
posted by kazu at 00:01 | Comment(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

「元派遣 タクシー奮闘中」の記事を読んで

最近はどのニュースを見ても、企業の業績悪化や雇用情勢の悪化のことばかり。
昨年の今頃は、まだ新卒の売り手市場だと騒いでいたのがうそのようです。このような厳しい雇用環境になれば、しっかりした目標と、就職・転職に対する計画と準備が大切です。
なんとかしなくては、と焦る気持ちで前進できない、そんな人も少なくないのではないでしょうか。
しかしこのままではダメですね。

そんな暗いニュースが多い中、今日の朝日新聞朝刊で元派遣社員の方の雇用契約打ち切り後の話しが載っていました。
マツダの派遣社員だった方なんですが、正月返上で二種免許を取得したとのことです。

今はタクシーの乗務員として、頑張っておられるのですが、それまでの道のりは決して楽なものではありません。
また、タクシー乗務と言えば、深夜勤務。
慣れない仕事に身体もきついと思うのですが、大型免許を取得して、より好条件のバス部門に勤務することを目標にしておられます。
素晴らしいですね。

かたや、同じ紙面で生活保護で再出発を誓っている若者の記事が載っていました。
それぞれ、いろいろ事情を抱えながら、なんとか就職して、最低限の生活を取り戻そうとしています。
中高年の就職は今後も厳しくなります。
でも、愚痴ばかりでは何事も前に進まないですから、なんとか目標を持って頑張りたいですね。続きを読む
posted by kazu at 21:12 | Comment(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

中高年の転職は厳しさを増す。

最近のニュース報道を見ていると、景気の悪い話ばかりが伝わってきますね。
株の乱高下、世界規模の経済不況、この先どうなっていくのか不安がつのります。
各企業の業績も悪化しているところが多く、上場企業での早期退職、リストラが進んでいるそうで、完全失業率もアップしています。
このような状況下で転職をどう判断するか、難しいところですね。

中高年の場合は特にせっぱつまった事情がある場合が多いと思います。
業績が伸びていない環境で、今のまま在籍しづらくて転職を考えている人もいると思います。
あるいは給与が伸びないだけではなく、逆に給与がダウンしたり、賞与が出なくて生活の維持が苦しくて転職せざるを得ないかもわかりません。
しかし、よほどのいい話でない限り、今転職に踏み切るのはどうでしょうか。

気をつけないといけないのは、業績が上がっていなくても人手不足が深刻である会社が多いということ。
採用時にはいい条件の話をしていても、実際に勤め出すとまったく期待を裏切られたということもよく聞きます。

今離職中で何とか仕事を早く見つけないといけない人は別として、今は在籍中で、転職を考えている場合、今動くのが得なのかどうかを真剣に考えた方がいいような気がします。

続きを読む
posted by kazu at 10:10 | Comment(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

中高年転職の現実

8月はゆっくりと構えて就職準備と思っていたら、もう9月。
転職活動に本腰を入れなくてはと思っている人が多いのではないでしょうか。
福田総理の辞任に象徴されるように、政治も経済も行き先が不透明な昨今。先を見通した行動が必要となってきます。

大企業に勤めたからと言って安心していても、50歳近くになると何となく居づらくなり、転職を考える。
定年まで勤めるつもりであったのに、気がつけば転職していたなんていくらでもある話ですね。

中高年の仕事探しはやはり厳しいものがあります。
私の友人で50歳を少し超えた人がいるのですが、つい最近転職挨拶のハガキを送ってきました。
名の通った大手に勤めていたのですが、関連の子会社に異動です。
能力もあり、実績も残していただけに少しびっくり。
リストラに近い異動は窓際族だけに限った事ではないのですね。

またもう一つの話。
不動産会社に好条件で転職した友人がいたのですが、プライムローンの影響を受けて来月で会社を辞めることになりました。
しかしよくよく話を聞いてみると、期間限定の契約社員で入社していたわけです。
この契約期間の満了を待たずに首を切られる形になったのですが、中高年の場合、採用されたとしても何らかの条件がつく場合が多いですね。続きを読む
posted by kazu at 22:11 | Comment(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

転職する、転職しないで迷ってしまったら

中高年にとって転職は非常に大きな決断です。
うまく転職できて、入社してからも期待通りであればいいのですが、転職者が必ずしも満足できているかというと、そうではない話をあちこちで耳にします。

自分の本音をオブラートに包んだまま、採用されるために転職理由を作り上げる。
このような転職はうまくいくはずがありません。
何のために転職するのか、転職を考えた理由があるはずですから、その理由が満たされない限り、転職に成功したとは言えないでしょう。

原油高などにより企業の経営環境が悪化している現状においては、中高年の転職がさらに厳しさを増しているような気がします。
より労働条件の良い企業へ転職しようと思っても、必ずそうなるという保証がないわけですから、転職すべきか、転職するべきでないかで迷ってしまうのは当然のことですね。

こんな時に転職の判断を後押ししてくれるサイトがあります。
ITエンジニアの転職アドバイスとしてジョブアットマーク・アイティが行っているサービスですが19の質問に答えるだけで、転職がいいのか転職しない方がいいのか、アドバイスを受けることができます。続きを読む
posted by kazu at 00:07 | Comment(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

中高年の転職と年齢の壁

中高年が転職活動をしていて難しさを感じるのはやはり年齢の問題ではないでしょうか。自分では十分なキャリアを持ち、経験も豊富で若い人たちよりもはるかに仕事ができると思っていても、採用する側はそのようには判断してくれない場合が多いと思います。

WEBやIT関係におけるプログラムやシステム開発に関する高度な技術を持っている場合は、年齢にかかわらず求人情報もたくさんあり、比較的転職に成功する確率が高いと言えますが、事務系の仕事の場合、中高年が転職するには厳しい壁が立ちはだかります。

特に、40歳前と40歳を超えた状況では、実年齢差以上の差が中高年の転職活動にはあると思います。ましてや50歳を超えての転職となると、一気に求人情報も減り、求人があったとしても、希望の転職条件とかけ離れているという場合が多いでしょう。
実際、今転職活動をしている人は、年齢の壁にぶち当たっている人も多いと思います。

このような現状に目をつぶって転職に一歩踏み出すと、失敗するのは当然のこと。中高年の場合、現状を見据えたうえで、それでも転職する方がいいのかどうかをしっかりと判断した上で行動することが望ましいでしょう。続きを読む
posted by kazu at 23:56 | Comment(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

中高年は人材銀行を利用して転職成功

新しい年が始まりましたが、就職・転職活動が思うように進まずに年を越した中高年にとって、年末も正月もなかったのではないでしょうか。
気ばかり焦って、転職活動が空回りしているかもしれません。
少しは気分転換して、じっくりと構えて就職・転職活動を再開する方が良い結果が出るかもしれないですね。

これから転職活動をしようと、情報を集めたり、ハローワークへ足を運んだことがある人ならば分かると思いますが、中高年にとってはまだまだ厳しい状況が続いていると思います。
希望条件を下げたり、どこでも良いから就職するのであれば、働き口はいくらでもあると思います。
しかし、妥協した転職は、必ず再度転職したいという気持ちが強くなってきますから、安易な妥協は禁物です。

年の始めに当たって、もう一度自分の気持ちを見つめて転職活動の戦略を練り直すことも必要であるかもしれません。
思うような求人情報を得ることができない場合、人材銀行活用してみるのもいいかもしれませんね。続きを読む
posted by kazu at 23:32 | Comment(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

ハローワーク利用がトップ、若者の転職意識

ハローワークで転職情報を検索したことがある人はその雰囲気をある程度分かっていると思いますが、中高年だけではなく、若い年代の利用も目立ちます。求人情報が豊富であることが理由であると思いますが、ネットエイジアの調査結果でも、若い年代のハローワーク利用がクローズアップされています。

この調査は、2年以内に転職を経験した20歳から39歳の若手ビジネスマンに対して「転職意識とベンチャー観」について調査を実施し、その回答を集計したものですが、ハローワークの利用が34.3%で、紙媒体の利用を上回りトップとなっています。

さらに入社につながった媒体としてもハローワークが一番多くて、21%、知人、友人の紹介が19.7%と続き、紙の転職媒体16%となっています。このあたりが中高年の転職活動と異なるところなのかもしれないですね。

ハローワークがトップにくる理由は、転職が確定する早さが一因であるのかもしれません。自分の希望の求人情報が見つかれば、履歴書を郵送してすぐに採用というケースも多いと思います。特に、若い年代の場合は、決まるスピードが速いと思いますから、とにかく早く転職したいと思っている若いビジネスマンにとっては、ハローワークは利用価値が高いのかもしれないですね。


続きを読む
posted by kazu at 21:53 | Comment(2) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

転職を考えて入社する新入社員増加

人材の採用状況は、超売り手市場のまま推移していますが、そのせいもあって新入社員の転職意識が今まで以上に高い数値になっているようです。

「新入社員の4割が、就職先を最初から辞めるつもりで入社している。」こんな話しを聞いても、最近ではあまり驚かなくなりました。
この数値は、民間の人材サービス会社シェイクが、今年の9月に、入手半年後の新入社員を対象に実施した調査で明らかになったものでが、入社後3年以内に転職することに、ほとんど抵抗感を持っていない新入社員が多いというのも現在の転職状況を反映していると思います。

転職の理由として、「仕事を通じて成長しているという実感をもてていない」が51.9%、「やりたい仕事ができない」が48.1%、「上司の指示、指導方法が不満」40.4%という結果になっています。
でも、なんだか不思議な感じがしませんか。

就職氷河期を体験した世代にとって、すごく贅沢な転職理由に聞こえるかもしれませんが、本当にこの理由で転職するとすれば、思うような結果を得ることができずに、また転職を繰り返す人が多いような気がします。


続きを読む
posted by kazu at 22:24 | Comment(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

インターネット関連業界の転職事情

若い年代で転職希望者が多いのはよく耳にしますが、インターネット関連業界に勤める若い年代の転職割合は特に高いようです。

Yahooニュースによると、転職支援サイトのイーキャリア(ソフトバンク・ヒューマンキャピタル運営)がインターネット関連業界で働く20代〜30代の男女400名に対して、「インターネット企業で働く品格」に関する調査を実施し、その結果を発表しました。

この中で注目深いのが、転職に関しての調査です。
転職を「したことがある」と答えた人が実に79.0%と非常に高い数値となっています。また、転職をしたことがない人にについても、転職をしようと思ったことがある人が64.3%と高く、今後の転職の可能性を示しています。

転職理由には色々あると思いますが、「やりがいのある仕事をするため」が31.1%となっています。言い換えれば、今の職場に満足感を得ていない人が多いのではないでしょうか。続きを読む
posted by kazu at 18:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

中高年転職に追い風、改正雇用対策法

中高年が転職する場合に立ちはだかる大きな壁が年齢でした。どんなに能力があり、キャリアがあっても、年齢が障壁となり、なかなか書類選考を通過することができないという経験をしたことのある中高年は多いのではないでしょうか。

10月1日から改正雇用対策法が施行されます。中高年の転職希望者が条件の良い求人情報を見て応募しようと考え、年齢制限を見てガックリするといったことが今まではよくありましたが、この募集や採用時の年齢制限を禁じたのが、今回の改正雇用対策法です。今までのような努力義務ではなく、年齢制限撤廃を法律により義務付けるものとなっています。

中高年は若者と比べて決して能力が劣るわけではありません。キャリアや豊富な経験を考えれば、まだまだ即戦力として力を発揮できるわけです。問題は雇用側の意識ですね。
この点についてYahooニュースで事例をあげた説明がありますので、参考に見てみてはいかがでしょうか。
続きを読む
posted by kazu at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

転職事情−中小企業は即戦力を採用

中高年が転職で勝負するためには、即戦力として活躍できるキャリアが必要です。長年の職務経験で培われた実力が伴っていなければ、転職に踏み切るのは思い直したほうが良いかもしれません。

しかし、大手企業への転職にこだわっていて、なかなか転職に成功しない人も多いようです。
完全失業率の数値が改善しているとはいえ、中高年にとってはまだまだ手放しで喜べる状況ではありません。しかし、中小企業に目を向けると状況が少し変わってきます。

「厚生労働省は8日、転職者の実態調査結果をまとめた。この1年間に転職してきた労働者がいる事業所は約7割で、中小企業は「即戦力」の転職者の採用を、新卒者よりも優先している実態が分かった。」とのこと。(Yahoo!ニュース

続きを読む
posted by kazu at 16:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

中高年が転職を考える時期、完全失業率改善

中高年が転職を考えるとき、雇用情勢の動きが気になるところ。
買い手市場の傾向が続く場合、なかなか希望の転職先を見つけるのは難しくなります。
履歴書を出してみようかなと思う企業があっても、希望の条件とかけ離れていたり、書類選考でなかなか通らないこともあるでしょう。

中高年の場合、企業に売り込みをできるだけのキャリアや強みを持っている場合は別として、他の応募者と大差ない状況では満足できる転職先に就くことができる可能性はぐ〜んと低くなります。

雇用情勢は中高年の転職に強く影響するのではないでしょうか。
izaニュースによると、「6月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0.1ポイント低下の3.7%となり、平成10年2月以来の水準となった」とのこと(総務省31日発表)。続きを読む
posted by kazu at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

中高年は燃え尽き症候群になる前に転職を

「燃え尽き症候群」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
徹夜、残業、休日出勤は誰しも経験したことがあると思いますが、それが毎日のように続けば心身ともにおかしくなるのは当然のことです。

このような過酷な仕事を続けなくてはいけない理由は一つではありません。
納期に迫られている、他に任せることのできる人材がいない、仕事量が絶対的に多すぎるなど、人それぞれですが、特にエンジニアに多いようです。

なんとかこなしたものの、そのあと燃え尽きた状態になってしまい、この状態が長期化すると「うつ病」になってしまうこともあります。
中高年の場合は、上司や部下の板挟みで精神的ストレスを抱えている場合が多いですから、特に「燃え尽き症候群」には気をつける必要があるでしょう。

続きを読む
posted by kazu at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

中高年の転職と団塊世代の再雇用

「新現役チャレンジプラン」って何の事だかわかりますか。
定年退職した団塊世代の再雇用支援策として、中小企業庁が5月11日に発表した新たなプランです。

全国の商工会議所が中心となり、定年退職者を登録して中小企業のニーズに合う人材をあっせんし、年間3000人の再雇用を目指すという内容になっています。

団塊世代の身につけている技術力は中小企業にとって魅力的だと思いますし、退職しても働く意欲が旺盛な人も多いと思われます。

続きを読む
posted by kazu at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
div class=nofollow class=/div% else %% if:blog.ignore_setting.fill_writer %% /if -%

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。