中高年の転職・就職は年々厳しさを増しています。過去のキャリアだけでは通用しない時代。中高年が転職し、新たな仕事に就くためには強い決意と行動力が必要とされます。
履歴書にしろ、職務経歴書にしろ、新卒さながらに真剣に取り組んで、勝てる書類を作成する必要があります。
自分の能力を過信することなく、逆に自分の能力を信じ、自己アピールのポイントを明確にして、転職・就職活動することが重要です。
自分では気が付いていない自分の良さや潜在能力もあります。厳しさに負けないで、実りある生活実現のために共にがんばりましょう!

中高年は豊富なキャリアと熟練した技能を持っていることが多いと思います。しかし、いざ転職しようとすると、なかなか希望に見合った転職情報がない、あるいは求人があって応募しても、うまくいかないことが多いのではないでしょうか。

自分はこんなにもキャリアがあり、実力も他の人には負けないとの自負心があっても、採用担当者にその思いが届かないことはよくあることです。

転職サイトを利用したり、ハローワークを活用して転職活動を行っている中高年も多いと思いますが、厳しい中高年の転職事情の中で、希望以上の採用条件でスカウトを受けたり、うまく転職を成功させ、給与もアップしている中高年が存在するのも事実。 成功する中高年と失敗する中高年では、何が違うのか。そこをきっちり認識することが大事ですね。

このサイトでは、中高年が夢と希望を持って転職・就職活動を成功させることができるよう応援します。

2015年04月06日

ミドル層の転職活動を支援

ミドル層の転職活動を支援するとのことで、3月に株式会社リクルートキャリアが「ミドル転職支援のプロが教える転職ノウハウセミナー」を開催したとのニュースを見ましたが、昨年の9月にも実施して好評を博したとのこと。

ここに中高年の転職意識を垣間見ることができる気がします。

セミナーでの主な講演内容は、
(1)自分のポータブルスキル=持ち出し可能なスキルを知る
(2)アピールできる応募書類を作成する
(3)求人情報の見方・探し方を知る
(4)転職活動する上で大事なことを知る

これを見ると、基本的なところで壁にぶつかり、転職活動がうまくできていない中高年が多いという感想を持ってしまいます。

自分のスキルを知るというのは、自分ではわかったつもりでいても、他から見ると違うというケースが多いことから、納得できますし、初めての転職で、書類をどう作成すればアピールできるのか、不安に感じる気持ちもわかります。

しかし、求人情報の見方、探し方を知るというセミナー項目について、疑問を感じてしまいます。
今まで仕事をしてきて自分の役立つ情報を収集し、仕事に活かすという、基本的なことは行ってきているように思うんですね。
だから、転職についても、当然自分でどんどん情報を集めていくことができるはず、そう思ってしまうわけです。

これができないなら、転職することは難しいんではないか。
厳しいかもしれませんが、そんな風にも思ってしまいます。


続きを読む
タグ:転職支援

2013年09月14日

東京オリンピックに向け中高年は、まだまだ頑張れる!

オリンピック東京開催!
どうなるか気をもんでいた人も多かったと思いますが、日本中から喜びの声が聞こえてきますね。

前回の東京オリンピック開催は1964年(昭和39年)ですから、当時経験した人の多くは仕事から退いているのではないかと思います。
現在50代の方で、当時、幼児〜小学校低学年ぐらいでしょうか。
あまり覚えていないでしょうね。

ALWAYS 三丁目の夕日'64では、当時のオリンピック開催に沸き立つ日本の風景が描かれていましたが、その後の経済成長につながる起点となった年。
すべてが生き生きして描かれています。
もちろん良いことばかりではありませんでしたが、夢や希望も膨らんだ時期ですね。

2020年のオリンピックに向かって、前回同様経済が上向き、強い日本が戻ってくればと思います。
中高年も頑張らばなければ。
まだまだ若い人だけには任せておけませんね。
続きを読む

2013年05月25日

三浦雄一郎さんエベレスト登頂成功で勇気をもらった

三浦雄一郎さんエベレスト登頂成功のニュース。
史上最高齢80歳での登頂成功だからすごすぎますよね。
三浦さんの喜びの声も聞きましたが、人生を楽しんでいるという感じです。

この快挙に励まされた中高年、シニアは多いのではないでしょうか。
成功を信じて努力を続けていれば報われる、いいお手本だと思います。
それもいやいやするんではなく、夢を持って楽しんでする。
これが大事なんですね。

昔であれば、80歳なんて隠居生活で、体力もないというイメージでしたが、三浦さんに限らず、最近の高齢者の体力が向上しているらしいです。
60歳を超えても、まだまだ現役で働くことができる人が多いのもうなずけます。

体力が落ちてきたなって感じているなら、再度身体を鍛えなおしてみてはいかがでしょう。
いつまでも現役で仕事を続けたいと思っているなら、三浦さんの快挙に感動している今、やるべきでしょう。

タグ:生きがい

2013年04月25日

定年延長と定年退職後の夢

定年なんて、まだまだ先のこと。
なんて思っているうちに、気がつけば定年まであと数年。
こんな風な感じの中高年って多いのではないでしょうか。

20代、30代で定年退職時のことを考えても仕方がないかもわかりませんが、40代になると、定年後のことが気になり始めますね。
定年後にやりたいこと、夢や希望が頭の中を駆け巡ると思いますが、夢や希望だけではなく、不安も少しずつふくらみはじめます。

最近、定年延長の話があちこちでされていますが、定年間近の人はどのように感じているでしょう。
私としては大歓迎なんですが、そんなにあくせく働きたくない、定年後は悠々自適の生活をするんだ、なんて思っている人にとっては余計なお世話かもしれません。

しかし、大事なのは定年後に再就職を考えている人にとっては、定年延長はすごく助かるということ。
実際、身体は丈夫で働き続けたいと思っていても、すぐに再就職できない現状があります。
年金をもらえるまでのブランクをなんとか凌ぐ必要がありますから、給与はダウンするにしても、慣れた職場で働き続けることができるということは、すごく安心できることですね。
続きを読む

2013年01月21日

中高年に厳しい企業内リストラ

最近新聞紙上やニュースで取り上げられているのが企業内におけるリストラ。
こんな大企業が企業内リストラを行なっているのかと、びっくりさせられることも最近は多くなって来ました。

このやり玉に一番にあげられるのが中高年。
過去に実績を上げてきた人であっても、企業内リストラの対象になることは珍しくありません。
自分ではまだまだ実績を出せるし、知識や技術もある。
そんな風に思っている方が大半だと思うのですが、企業の論理は個人の思惑と大きくずれるようです。

それでも退職せずに残らざるを得ない事情はよくわかります。
生活のこと、家族のこと、中高年には守らなくてはいけないものがたくさんありますからね。
もちろん若者たちには、守るものが少ないと言っているわけではありませんが、歳をとるにつれ、責任を持つ範囲が広がっていくのは確かだと思います。

そんな企業では仕事に対するやる気も出ないと思うのですが、転職して成功するという保障もなし。
悶々を日々を過ごす中高年が多いと思うと、少々つらい気持ちになります。
続きを読む

2012年11月15日

中高年よ今こそ立ち上がれ 気になる選挙と転職活動

昨日大きなニュースが飛び込んできましたね。
野田佳彦首相の衆院解散発言に森光子さんの訃報。
どちらも中高年には大きなニュースであったと思います。

この先、選挙後に景気が好転するのか、更に悪化するのか、中高年で転職を考えている人には気になるとっころですし、森光子さんといえば、中高年が青年時代に大スターとして活躍されていた方なので、訃報を聞いてびっくりし、一つの時代の終わりを感じた中高年も多かったと思います。

しかし、最近の不況、政治の空白、年金などの将来の問題、あるいは今後予定されている消費税アップ。
暗い話ばかりで、この国の将来が危ぶまれれて仕方がありませんでしたが、今度の選挙で少しでも明るい未来が期待できればと思います。
中高年に限らず、若い人たちの抱える将来への不安は計り知れないものですからね。

自分はもうすぐ年金をもらう身の上だからどうでもいい。
まあ、こんな風に考えている人は少ないことを期待していますが、今の日本を築き挙げてきた中高年がまだまだ頑張って、この国を牽引していかなくてはいけないと感じています。


続きを読む

2011年08月21日

徳光和夫さんに負けるな中高年

24時間テレビで徳光和夫さんのマラソン完走を見て勇気をもらいました。
70歳の年齢を感じさせない完走でしたね。
ゴールした後、ステージで大の字になった徳光さんの心は完走の満足で満たされていたのではないでしょうか。
この完走で勇気をもらった人は多いと思うのですが、彼の年齢に比べると中高年はまだまだ頑張れそうですね。

もらった勇気が長続きするには自分から行動を起こすしかないと思います。
今の仕事に満足している中高年は幸せですが、何らかの理由でストレスを抱えてしまっている中高年は多いと思います。
実際に転職活動している人、転職したいと考えているがまだ行動を起こしていない人、状況は異なると思いますが、くじけず、最後までゴールを目指して頑張りたいですね。
中高年が燃え尽きるのはまだまだ早すぎます。

続きを読む

2011年07月25日

なでしこJapan、矢部浩之のマラソンに元気をもらう

震災以降、放射能汚染牛など、明るい話題が少なかった日本ですが、「なでしこジャパン」の活躍は日本全国に勇気と感動を与えましたね。
あの早朝の時間帯にも関わらず、すごい視聴率をたたき出したんですから、すごいの一言。
そのあとも大忙しの「なでしこジャパン」のメンバーたちですが、昨日、日本代表選手7人を出したINAC神戸レオネッサがホームズスタジアム神戸で行った試合。
観客数はなでしこリーグ史上最多の1万7812人も集まったそうです。
今まで三桁の動員数だっただけに、すごい変わりようですね。
一生懸命応援するって、自分自身にも元気をもらえるんですね。

もうひとつ、中高年が元気をもらった出来事がありました。
もちろん中高年に限らず、感動した人は多いと思いますが、それは土曜日にスタートした「FNS27時間テレビ2011」でのこと。
ナインティナインの矢部浩之さんが100キロマラソンに挑戦したわけですが、最初は24時間テレビとかぶるな、ぐらいの軽い印象しか持ちませんでした。
しかし、足の痛みに顔を歪めながらも、時間内に完走。
相方の岡村隆史が号泣し、ゴール直前で出迎える場面では思わずこちらまで涙してしまいました。
本当に感動と元気をもらった一面です。

続きを読む

2010年09月30日

中高年が気になる給与が高い業種と低い業種

中高年のため息が聞こえてきそうな雇用環境が続いていますが、中高年に笑顔が戻る経済状況に早くなって欲しいですね。
私は最近基金訓練の運営に携わり、中高年の雇用情勢を再認識させられました。
この基金訓練というのは、就職に役立つ武器を身につけるために、技能を磨き、知識を豊富にするというものですが、一定の条件を満たせば生活給付金も支給されるというものです。
中には給付金目当ての受講者もいますが、真剣に仕事を探している人も沢山います。

中高年の受講者も多いわけですが、なかなか面接までたどり着けないなどの嘆きの声もよく聞きます。
いろいろな事情があり、会社を辞めた人、正社員につけなくて派遣やアルバイトを繰り返している人、それぞれの人生を戦っているわけですが、共通しているのは、とにかく正社員として仕事に就きたい、そして出来るならば、より待遇がいい企業に就きたいということ。

しかしこの給与。業種によっては大きく差が出るんですね。
yahoo ニュースによると、給与が高い業種と低い業種の年収差は、実に389万円とのことです。
電気、ガス、水道」が630万円。「金融業、保険業」が625万円、「情報通信業」567万円、「学術研究、教育・学習支援業」505万円、「製造業」444万円で、最も低いのは「宿泊業、飲食サービス業」の241万円とのことです。

こんなにも差があるというのは驚きですね。
転職を考えている中高年は、このような情報もきっちり頭に入れておいた方がよいでしょう。


続きを読む

2010年07月21日

中高年の心の健康 就職・転職ストレス

中高年受難の時代。
仕事にしろ、生活面や健康面においても問題を抱え、悩む中高年は多いのではないでしょうか。
日本の年間自殺者数は12年連続で3万人を超えていますが、その中でも中高年の男性の自殺が多いそうです。
中高年は仕事のこと、家族のこと、責任が重くてストレスを感じているケースが多々あります。
仕事が順調であれば問題はないのですが、仕事に行き詰まり、上司からは叱咤され部下からは好きなことを言われ放題。
愚痴が絶えない中高年は多いと思います。

仕事の面だけではなく、健康に不安を抱える中高年も多いですね。
今までは仕事で少々無理をしてもこたえなかったのに、最近は疲れが次の日まで残る。
肉体的な疲労ばかりではなく、精神的な疲労も蓄積して、知らない間にうつ病を発症しているなんてこともあるようです。

このような状態で、転職を考えてもうまく行くはずがありません。
就職・転職活動で思い通りに進まないことが更にストレスになり、心を蝕んでいきます。
自分の限界を早く知って、心の健康回復を図る必要があるのではないでしょうか。

生活がかかっているから、心の健康なんか考えている暇はないとの意見がかえってきそうですが、心を病んでしまっては仕事どころではなくなってしまいます。
自分なりのストレス解消法を試して、早期に心の健康を回復する必要があると思いますね。


続きを読む

2010年04月07日

帝国データバンクの気になる数字 2010年度の雇用動向

最近ハローワークで求人情報を検索してきました。
以前に比べて利用者の数がすごく増えていますね。
年齢層も若い人から中高年、シルバー層に至るまで、幅広い年齢層の人たちがハローワークを利用して仕事を探しています。

新聞などでは、景気がほんのちょっぴり回復しているとのニュースが載っていましたが、雇用情勢に関してはまったく景気の回復なんて感じられません。
新卒も内定を得るために相当苦労しているようですし、中高年に至っては、希望通りの仕事の面接を受けることもままならない状況です。

こんな厳しさを数字で示しているのが帝国データバンクの2010年度の雇用動向に関する企業の意識調査です。
調査期間は2010年2月17日〜28日で、調査対象は全国2万1,750社。有効回答企業数は1万624社(回答率48.8%)とのことですが、2010年度の正社員「採用増加」は14.3%、半数近くが「採用予定なし」と回答しているとの調査結果なんですね。

こんな数値を見せられると、実感と重なり合って、企業の雇用意欲が回復するのはまだまだ先のような気がしてなりません。
新卒にとって、昨年は本当に厳しい就職活動を強いられたわけですが、今年就職活動を行っている学生にとって、さらに厳しくなるかもしれないという予測もあって、気をもんでいる人も多いのではないでしょうか。

完全失業率は世界に比べるとまだ低い数値で推移しているようですが、
そんな感じはまったくしないですね。

続きを読む

2010年03月02日

転職の年齢制限の壁 中高年の就職状況

高校生や大学生の就職内定率の厳しさがよくニュースで取り上げられていますが、それ以上に厳しいのが中高年の就職状況。
ネットの検索やハローワークの利用、転職支援サイトでの求人情報の収集など、あらゆる手段を使って求人情報を集め、応募しても結果が出ない、こんな求職活動を続けている中高年も多いと思います。

中高年といえば、経験が豊富でキャリアをつんでいる人も多いと思いますが、いざ転職・就職となると、その能力や経験が期待ほどは評価されない、こんなジレンマがあります。
初めての転職活動で、自分自身に自信を持っていた人でも、たび重なる書類選考不合格の通知に自信をなくしてしまうなんてことはよくあることです。

中高年の就職状況を見ている限り、やはり壁となっているのは年齢ではないでしょうか。
この年齢の壁を打ち破る事が出来る、「売り」を持っているなら問題はないのですが、ほとんどの人はドングリのせいくらべ。

このような状況の中で、腹立たしいのが採用側の見せかけの年齢制限撤廃です。
多数の企業に履歴書や職務経歴書を郵送した事がある中高年ならよく分かっておられると思いますが、年齢不問をうたっている求人情報であっても、事前に電話等で問い合わせてみると、「若い方」の方がというニュアンスが採用担当者から伝わってきます。

続きを読む

2009年07月14日

転職活動に与える影響 政治の行方

この暑い最中の転職・就職活動は本当に大変です。
新卒で就職内定が得られていない学生はまだまだたくさんいるらしく、汗だくになって黒いリクルートスーツで歩いている姿を見ると、本当に早く決まって欲しいと願うばかりです。

中高年の就職活動も、まだまだ明るさが見えてきませんね。
そんな中、衆議院解散、8月30日に選挙のニュースが飛び込んできました。
少し遅すぎたんじゃないかと思いますが、相変わらず国民そっちのけで、議論を戦わせているようで、時々この人たちに日本の将来を託して本当に大丈夫だろうかと思ってしまいます。
どちらにしても、次の政権を担う党には、国民の生活を守る、失業や過酷な労働条件にあえいでいる就職弱者を守る、そんな意気込みで真剣に取り組んでもらいたいと思っています。

中高年の転職でネックになるのは、年齢はもちろんのこと、希望年収を得ることができるかどうかということ。
単に仕事を見つけるだけなら、なんとかなるかもわかりませんが、中高年の場合、子供の学費がまだまだ必要であったり、家のローンが長期で残っていたりと、生活プラスアルファーの年収が必要です。
そこを考えなくてはいけないからこそ、転職に時間がかかってしまうわけですね。続きを読む

2008年06月01日

ディスカバリー、星出彰彦さん、中高年転職の関係

スペースシャトル「ディスカバリー」が日本時間の6月1日午前6時2分にケネディ宇宙センターからの打ち上げに成功したそうです。
よかったですね。
今回のミッションでは、日本の実験棟「きぼう」の設置に重点が置かれているそうですが、日本人宇宙飛行士の星出彰彦さんの活躍が楽しみです。

この星出彰彦の活躍に元気をもらっている日本人は多いのではないでしょうか。
特に中高年の場合、暗いニュースが多い中で、星出彰彦の活躍はうらやましいと感じる面もありながら、純粋に自分のことのように嬉しくなります。

中高年で転職活動をしているとうまく行かないことの方が多いのが実情。だんだん心が沈んでくることが多くなりますね。
できれば、自分の好きな仕事をして、毎日を生き生き過ごしたい。
会社の経営状況に心配することなく、また、上司や部下との軋轢に心身をすり減らすことなく、仕事を楽しみたい、誰もが理想とすることではないでしょうか。
それが実現できないから転職を考えてしまう。


続きを読む

2008年02月17日

DODA職種別平均年収ランキングを参考に転職

中高年が転職を考える場合、やはり気になるのは年収ではないでしょうか。中高年の場合、ある程度の年収を得ている場合が多いと思います。転職する場合、できれば今の年収を上回りたいと考えるのは当然のことだと思います。

同業種、同職種に転職すると決めている場合は、ある程度年収は予測できると思いますが、異業種や未経験の職種に転職しようと考えているのであれば、その業種や職種の平均年収を知りたいところですね。

そんな希望を満たしてくれる職種別平均年収ランキングがインテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」より先月発表されました。これはDODA転職支援サービスに登録している人の58職種の給与データより算出したもので、20代後半、30代前半、30代後半の3ブロックに分かれています。

ちなみに35歳から39歳のブロックでは

1位 投資銀行業務:1,281万円
2位 ファンドマネジャー・アナリスト・ディーラー: 989万円
3位 法人営業(メガバンク・地方銀行): 826万円
4位 ITコンサルタント: 761万円
5位 経営企画・事業企画・新規事業開発: 753万円
6位 MR: 739万円
7位 財務: 737万円
8位 コンサルタント: 728万円
9位 プロパティマネジャー: 712万円
10位 ITプロジェクトマネジャー: 707万円

という結果です。

続きを読む

2008年02月04日

再就職「幹部募集」の甘い言葉で中高年被害

今日は少し憤っています。
新聞でも取り上げられていましたが、中高年に対して「幹部募集」の甘い言葉で再就職を持ちかけ、お金をだまし取ったというもの。

転職したいと願っている中高年は必死です。
実際に転職活動をしてみればわかりますが、よほどのキャリアや技術がない限り、希望の転職先を決めることは非常に難しいと言えるでしょう。
特に、中高年の場合、ある程度の地位について、年収もそこそこの額をもらっている人も多いと思います。

転職を考えている、あるいは現在転職活動中で、さまざまな求人情報に目を通している人の中には、焦りの気持を持っている人も多いと思いますが、その弱みにつけ込んで詐欺を働くというのは、本当に許せないですね。

ニュースの概要はIZAニュースでも見ることができますので、気になる人はチェックしてみてください。

警視庁捜査2課により詐欺容疑で逮捕されたのは、住所不詳、廃棄物処理機販売会社「三共システム」(東京都豊島区)の元社長、田島瀧三郎容疑者(69)ら4人とのこと。
被害者は60人以上、被害総額は1億円といいますから本当におどろきです。
続きを読む

2007年09月16日

派遣社員の福利厚生を充実させる派遣会社

中高年の場合、少々景気が良くなっても転職するには厳しい環境が続いていましたが、最近は少しましになっているようです。
今まではなかなか希望する求人情報に出会うことが少なく、転職をあきらめてしまった中高年は多かったのではないかと思いますが、今は十分な準備で転職活動を行えば成功する確率は高くなっています。

現在労働力不足に悩む企業は多く、正社員の採用を増やしたり、派遣で労働力不足を補うところが増えています。
転職を考えているならば、このチャンスを逃さず、積極的に転職活動を展開すると良い結果を得られるかもしれないですね。


続きを読む
div class=nofollow class=/div% else %% if:blog.ignore_setting.fill_writer %% /if -%

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。